gi魔女の一撃・・・という言葉を聞いたことがありますか?
ドイツではぎっくり腰のことを魔女の一撃ともいいます。おもしろい表現ですね。

何かの拍子に腰に激痛が走り、悲鳴をあげてしまうやつですね。重い荷物を持ち上げようとしたり、ゴルフなどでなったりします。

筋肉の炎症だったり、骨をガードしているじん帯が傷ついている状態だったりします。例えるなら 『 おしぼり 』 を洗ってぎゅっと絞る。かなり絞った後にさらに絞るとブチブチッと 『おしぼり』 の繊維が切れますよね。イメージ的にはこんな感じですね。

傷ついた細胞にバイ菌が入り、肥満細胞からヒスタミンというのが出てきて毛細血管の壁を広げてしまいます。サイズ的に通常なら入れない白血球が壁が広がったことにより、毛細血管の中に入っていけます。そして白血球はバイ菌を食べていきます。

毛細血管の壁が広がったことにより、血流が増える、だから赤くなり、腫れる、さらに
血流が増えるので熱をもつ・・・というのが簡単にいうと炎症の症状になります。

 ぎっくり腰というのも炎症ですから、なってしまったら炎症が治まるまでは痛みがのこりますね。 ぎっくり腰の患者さんへのアプローチは、矯正というより患部に触れずにカイロ療法というよりは、オステオパシー療法というやり方で対応させてもらってますね。

これもカイロプラクティック同様、アメリカのテクニックですね。

 ぎっくり腰になったら、直接患部を氷で冷やすのがいいのですが、やり過ぎるといけません。お風呂は炎症で血流が増えている状態なので、長湯はさけてサッと入るか、シャワー程度にいたしましょう。慢性なら暖めますが、急性の場合は冷やす場合が多いです。

『ぎっくり腰はくせになる』と時折、耳にしますが、ぎっくり腰になりやすい生活習慣が続いているという証なのかもしれませんよ・・・

 

読んでいただき感謝、 あなたのお役に立ちたい

産後の骨盤矯正・腰痛・肩こり・ヒザの痛み・頭痛などでお困りの方、お気軽にご連絡くださいませ。

健康管理士一般指導員
成人病予防協会推奨施術院

電話 079-223-2400
姫路市整体院 クリニカルカイロしらい

姫路市増位新町1-24 花の北モール2F

 

この記事を書いた人

白井 寛クリニカルカイロしらい 院長
姫路の整体/カイロプラクティック クリニカルカイロしらい 院長として、日々、カイロプラクティック・操体法・全身のほぐしを組み合わせた独自の施術で皆様を元気にするお手伝いをしています。  日本成人病予防協会推奨施術院  日本成人病予防協会 健康管理士  日本カイロプラクティック連合会正会員